日焼けをした後の対処方法!うっかり日焼けが皮膚癌に

日焼けをした後の対処方法!うっかり日焼けが皮膚癌に

どんなに気をつけている人でもうっかり日焼け止めクリームを塗り忘れたりするなどして日焼けをしてしまうことがあると思います。
日焼けをした後の対処方法!うっかり日焼けが皮膚癌に

 

日焼け止めクリームをしっかり塗ったつもりなのに汗で日焼け止めクリームはだんだんとそれでいて家に帰ってきたら真っ赤に腫れ上がっていたということはたまに見かけることです。

 

そういう時はどうしたらいいのでしょうか。

 

パズ対策方法としては日焼けというのは火傷ですので、父と同じ対処方法をするというのがあります。

 

まずひりひりしてきたら炎症を起こしている証拠ですので、どんどんと活性酸素が作られてDNAが傷つけられていると考えられてください。

 

これはDNAを損傷して皮膚がんのレベルをアップさせてしまうという方法とはまた別に考えることができ炎症を鎮めることが第一になります。

 

炎症を抑えるには火傷ですので、まず冷やすということが第一になります。

 

まず水で冷やす

例えば冷たいタオルを当てて日焼けをしてジリジリと赤くなってしまったところを冷やすという方法があります。

 

保湿剤などを塗るのは後にしてください。

 

まずはとにかく冷やして炎症を抑えるようにしてください。

 

繰り返しますが、日焼けをするというのは火傷しているということと同じですので、火傷をしたと思って対策して下さい。

 

だいたいからして日焼けをするというのは海水浴プールに入った時だと思います。

 

ウォータープルーフ形式の日焼け止めクリームがだんだんと水で流れてしまうのでどうしても日焼けをしてしまうのです。

 

そういう時は冷たいぬれタオルで冷やして下さい。

 

そして紫外線の影響を少なくするためには活性酸素を消す力があるサプリメントを使ったりすることで影響を少なくすることができます。

 

ハワイなどに行くと水ぶくれができるほど日焼けの症状を引き起こすことがあります。

 

そうするともうかなり病的といえますので、病院に行った方がいいのではないでしょうか。

 

水ぶくれを針で潰すとそこからばい菌が入って化膿してしまうことも考えられますので、お化粧することはもちろんのこと癒すことそして炎症を抑えることを第一に考えてください。