ビタミンCとヒドロキシラジカルと活性酸素

ビタミンC・ビタミンE紫外線の影響を抑えるための食べ物

紫外線の影響を抑える食べ物がありますので、紹介したいと思います。

 

ビタミンCとヒドロキシラジカルと活性酸素

 

まず紫外線の影響というのは主に活性酸素が発生することで起こります。

 

ですので、活性酸素を減らす働きがあるものを使えば紫外線の影響を後でから抑えることができます。

 

活性酸素は細胞が呼吸するときに普通に出てきてしまうものなので完全に抑えることはできないのですが、それを助けるということや助長することそして減らすことはできます。

 

多すぎる活性酸素は遺伝子のDNAを壊してしまうこともありますしたんぱく質を酸化させて悪い物質に変換させてしまいますか。

 

酸化脂質というのは動脈硬化の道を引き起こして精神病のことになりますので、一番抑えた方が良いものです。

 

というと食事で改善することができます。

 

まず効果的な成分はビタミンCです。

 

ビタミンCは遺伝子の傷つきを抑える効果があります。

 

活性酸素が作用をしてもビタミンCをたくさんとっていればそれを抑えることができます。

 

ビタミンCとヒドロキシラジカル

という活性酸素の一種の一つに効果がありますので、積極的にとりたいものです。

 

それ以外にビタミンEも有効です。

 

ビタミンEは細胞膜の不飽和脂肪酸という脂質の酸化を防止してくれます。

 

活性酸素の影響を抑えるスカベンジャー除去剤とも呼ばれていてビタミンEをとると細胞膜の脂肪酸が酸化するのを防ぐことができます。

 

ビタミンEは活性酸素が発生すると細胞膜が酸化される代わりに自分を酸化させて酸素が穏やかになるように努めてくれます。

 

しかしこの時ビタミンEはもとの物質ではなくなってしまいます。

 

そうするとビタミンEは効力を失ってしまうのですが、この時にビタミンCが存在しているとビタミンCに再びビタミンEが食材として働けるように戻してくれますので、ビタミンEとビタミンCはセットで食べる必要があります。

 

ビタミンEの働きを高めるためにはビタミンCがなくてはならないのです。

 

 

それではどのような食品にビタミンCやビタミンEは入っているのでしょうか。

 

一例を挙げるとポリフェノールという成分が含まれている食べ物に多く含まれています。

 

トマトのリコピン

例えば緑茶のカテキンや紅茶のカテキンそして米ぬかや大豆そしてオリーブオイル喉には抗酸化機能のある成分をたくさん購入されています。

 

そうすると紫外線の免疫効果を下げることが出来ますし、皮膚がんを予防することができます。

 

トマトは癌に良いと聞いたことがありませんか。

 

それはトマトにリコピンという抗酸化物質が入っているからです。

 

そしてビタミンCをたくさん取ることはもちろんですが、脂肪をたくさん取らないようにしてカロリーの20%未満に抑えるというのも必要になりますか。

 

ロリーの20%未満というのは例えば2000kcal食べられる方であれば400kcal以下2脂肪の量を抑えるということを意味します。

 

果物にもポリフェノールがたくさん含まれているものがあり果物をたくさん食べると癌を予防することができると訴えている人もいます。

 

日焼けをした後の食事日焼けをしてしまった後は食事である程度会をすることができます。

 

まず活性酸素生まれないようにするための食べ物があります。

 

活性酸素は細胞を酸化させてしまう悪い影響がありますが、それらを取り除いてくれる成分もちゃんと人間には備わっています。

 

そのような元の状態に戻してくれる力を高めてくれる食べ物食べると良いでしょう。

 

先ほど紹介したようにビタミンCやビタミンをたくさん取ることが中止されています。