洗剤タイプの紫外線対策グッズ

紫外線予防には白い服より黒い服がおすすめ!

実は宗教的なものではなく紫外線の害から体を守るために発達されたと思ってもよくとても効率的に紫外線の害を逃れることができます。

 

洗剤タイプの紫外線対策グッズ

 

紫外線をアベルと服を着ていても全く効果がないという人もいますが、紫外線を通しにくいものと通しにくいものの二つの種類があります。

 

例えば要望やポリエステルといった線は紫外線を通さないものです。

 

しかし綿のものは紫外線を通しやすくなっています。

 

しかしむしむしとしているときにポリエステルものを着ると汗がこもって気持ち悪いものです。

 

そうすると綿でできているものやレーヨンでできているものは紫外線を通しやすいですが、続きが良いので着心地が良いということがあります。

 

どのようなものを選べばいいかということについてですが、長袖を着ていて襟がついていて首を守ることが出来て

 

そしてズボンでは丈が長いものそしてポリエステルと綿の割合が丁度飯を食う混入されているものがお勧めです。

 

そのようなものを履けばかなり紫外線を予防することはできます。

 

日焼け止めクリームを塗れない方はこのような洋服で対策すること大部分をカットすることができるでしょう。

 

紫外線のカットをすることができる石鹸というものが発売されています。

 

洗剤タイプの紫外線対策グッズ

そのような石鹸を使えば今まできていた服がもっと紫外線に強くなります。

 

そうすると夏はそのような石鹸でいつも服を洗っていればよいということになりますね。

 

春から夏にかけて白い洋服を着るものそして冬には黒い洋服を着るというのは黒というのは熱を吸収しやすく暖かくなりやすい

 

白い洋服は熱を反射しやすく暑さを逃れることができるといって合理的なものです。

 

紫外線カットする力も強いので東をカットする力について述べることができるなら黒や紺のような濃い色の方が紫外線を通しやすくなっていません。

 

海やプールで紫外線を浴びてしまいます。
どうしたらいいのでしょうか。

 

極論をいえば海やプールなどには行かない方がいいでしょう。

 

そして買い物などをせず家の中に閉じこもっているのが一番紫外線当たらない良い方法です。

 

しかしそれはできない話です。

 

通勤や通学はもちろんのこと子供は外で遊びますし、1日中家の中に困っていると紫外線の影響を受けないかもしれませんが、精神的なストレスが溜まって体が参ってしまうことでしょう。

 

ですので、紫外線対策をして外に出るということが一番ベストだと思います。

 

ということで紫外線をカットして外に出る方法について考えていきたいと思いますが、まず登山をする時には紫外線カットをいつもよりに行う必要があります。

 

1キロメートルの高さの山に登ると6%から10%くらい紫外線が強くなっていきます。

 

というのは排気ガス家汚い空気がなくなってだんだんときれいな空気になっていき紫外線が反射されにくくなっているからです。

山の上でも紫外線

特に山の上はとても涼しくて紫外線が少なくなっているように見えますが、実際には紫外線はだんだんと増えているのです。

 

そしてプールや海で泳ぐときも水にあたって涼しいからといって紫外線が少なくなっているというわけではなく日焼け止めクリームを終わらないといけません。

 

日焼け止めクリームはすぐにあらい流れてしまいます。

 

ウォータープルーフの水で落ちないものを使うという方法もありますが、やはり何度も水に当たっていればやはり焼けでしまいます。

 

そして水から上がって浜辺で休む時もあると思いますが、そういう時は日傘がある所に行って甲羅干しのような日光たくさん当たることはしない方がいいでしょう。